知らせNEWS

2020年、あけましておめでとうございます

年頭所感(令和2年1月)

 明けましておめでとうございます。皆様におかれましては恙なく新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中、当協議会に賜りましたご指導、ご鞭撻に対しましてまずもって厚く御礼申し上げますとともに、本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

 昨年5月、前の天皇陛下のご退位を受けて新天皇陛下がご即位され、元号は平成から令和に改められました。平成の30年間を振り返りますと、わが国の経済社会構造は大きく転換し、人々の生活様式、価値観、倫理観、労働観等もまた大きく変わりました。デジタル革命等のテクノロジーの進展はいうに及ばず、少子高齢化、人口減といった社会環境の激変が背景にあります。こうした流れは令和に入っていっそう速度を上げ、人生百年時代、そして可処分時間の拡大によって人々の暮らしや余暇の過ごし方にあらためてスポットが集まりましょう。明るく健康な大衆娯楽の創造と普及は令和の余暇産業に期待される国民的要請と評して過言でなく、遊技業にとっても捲土重来の好機となりましょう。

 当協議会は昨年、創立20周年を迎えましたが、今後とも遊技業の活性化、適正化等の発足以来の目標実現のため初心に帰って精進努力してまいる所存であります。本年も重ねて倍旧のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

一般社団法人余暇環境整備推進協議会 代表理事・会長 笠井聰夫