知らせNEWS

令和4年2月度部会を開催しました

 

開催日:令和4年2月8日
会 場:インターネットライブ

 2月8日、一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進/佐藤正夫代表理事・会長)は、令和4年2月度の部会・理事会を開催した。今回の部会・理事会も感染症対策のため全面web方式での開催となった。
 部会ではダイコク電機株式会社から片瀬宏之DK-SIS室長を講師に招き「DK-SISにみる2022年」と題した講演を聴講した。本年1月末に多くの旧規則機を撤去するに至り、その直後と言えるタイミングで遊技機分析ならびに市場動向の見通しに明るい同社の講演には大勢の会員が参加した。

講演:DK-SISにみる2022年
講師:ダイコク電機株式会社 DK-SIS室 室長 片瀬宏之 氏

 講演では冒頭、2021年中の営業成績について種別・貸玉料金別に前年比が示され、4円パチンコでは稼動・粗利・売上ともに2020年を上回る結果であったことが紹介された。また今年の正月営業(2021年12月29日~2022年1月4日)でも4円パチンコは好調であったことが示された。他方、4円パチンコの時間粗利が年々上昇を続ける中、稼動時間は低下を辿る反比例の関係が続いている点をあらためて指摘。稼動時間は時間粗利を抑えない限りさらなる回復が見込めないと語り、時間粗利を下げ、長く遊んでもらうことが望ましいのではないかとバランスの重要性を訴えた。
 パチスロについては6号機(新規則機)が中心となった今般の市場の動向について話が聞かれた。特にノーマルやAT系といったタイプ別や、店舗ランクと導入台数の相関等といった様々なセグメントを俯瞰した図表を用いて市場動向が伝えられた。
 具体的には話題性の高い機種を集客力が強い店舗が導入しても、設置台数が多すぎるとアベレージが低下する点を報告。適切な台数を意識することで過剰な新台購入がを抑えていくことが、業績向上に必要な考え方だと解説した。

部会終了後に2月度理事会を開催

 

 

 

七訂版Q&Aバナー